【業界アイテム白書】ボルトやナットなどの專門部品を知ろう!

スーツ案内

プリント面積の選択

広告

イメージシートとは大型広告で用いられるシートで、様々な場所で用いられています。イメージシートの特長として自由にデザインして作ることが出来るという点があります。個人で作ることが出来る広告としては最大級の大きさを持ち、企業などでもこのイメージシートを存分に活用して広告を打っています。イメージシートを作る際に注意しておきたいのがプリント面積の範囲があります。イメージシートは布などを用い印刷機を用いてプリントすることが出来ます。しかしながらプリントする範囲が広くなってしまうと単価が高くなる傾向があり、全体の価格も勿論高くなります。そのためプリント範囲をしっかりと見極める必要があり、状況によってはプリント範囲の制限なども行なう必要があるでしょう。
プリント範囲の制限のメニューとしてハーフ出力とポイント出力があります。ハーフ出力とはイメージシートのサイズの半分の面積をプリントするメニューで、ポイント出力は一部分だけを印刷する時に用いられます。フル出力はその名の通り全面印刷するメニューになりますが、フル出力に比べるとプリントする範囲が少なくなるため価格も下がります。ただし全てにおいてただし全てにおいてプリント面積を制限すれば良いかというとそんなことはなく、ケースバイケースでしっかりと確認する必要があります。例えば写真を使用するイメージシートの場合は出来るだけフル出力でプリントしたほうがインパクトのあるイメージシートを作ることが出来ます。一方ロゴマークやテキスト部分など一部分しかプリントアウトしない場合はポイント出力やハーフ出力などが最適になります。状況状況で用いられるべきものが異なります。